【東京の幻想夜景】浅草寺ライトアップを見に行こう!

みなさん、こんばんニャ!
今日は夜のお出かけだよ!

今夜は、東京の
浅草にある有名なお寺
「浅草寺」へ来ているぞ~!

雷門で有名な下町のお寺「浅草寺」!

もう夜の19:00頃で
あたりは真っ暗なんやけど……

どうして、こんな夜中に
お寺へ来たんかな?

じつはここ、浅草寺では
夜間のライトアップを実施しているので
夜でもお参りができてしまうのだ!

すっごく綺麗で、楽しそうだから
ぜひ一度来てみたかったんだよね~!

おおー!
お寺の夜間ライトアップって
なんだかすごそうやなぁ!

というわけで
さっそく出発だよ~!

有名な「雷門」は、夜でも大賑わい!

まずは浅草寺の入り口!
巨大な提灯からチェックだよ!

マンガやドラマでも
浅草寺といったら
まずはコレだからなー!

こち亀でも何度も見た
下町の有名な門やで~!

ライトアップのおかげで
提灯も左右の像も
よく見えるなあ

右側には「風神様」
左側には「雷神様」の像が
置かれているんだね

この門はもともと
風神様と雷神様にあやかって
「風雷神門」という名前が
つけられていたんだけど

いつの頃からか
「雷門」と呼ばれるようになり
現在では、その名前が
定着してしてまったそうなんだ

本来は、提灯じゃなくて
風神様と雷神様の方が
主役だったんやねぇ

提灯の裏側には、正式名称の「風雷神門」の記載もあります

裏から見たら、ばっちり
「風雷神門」って
書かれているね!

そのあたりの事情を理解して見ると
ひとつひとつ意味を感じられて
おもしろいよな~!

門の裏側に設置された像にも
意味があるんかな?

この2体は、どうやら
龍神様の像らしいぞ

そういえば、提灯の下にも
龍が描かれているよね?

このあたりは、むかしから
火事が多い地域だったので
雨を降らせる龍神信仰
強くなっていったんだそうだ

へええ、雷門ひとつだけでも
いろんな意味があるんやねぇ

ライトアップで輝く、夜の「仲見世通り」!

雷門を通り過ぎたら
お店が立ち並ぶ参道の
「仲見世通り」
見えてきたよ~!

ここ、昼間くると
うんざりするくらい人がいて
前に進むのも大変なんだよなぁ

セ、セツナちゃんは
人混みが大嫌いだからね……

夜はすいているから
おねえちゃんでも
安心して歩ける感じやねぇ

さすがに、お店は
ほとんど閉まっているみたいだな

シャッターに
綺麗な絵が
描かれているで~!

これは、夜中のライトアップが
もっと盛り上がるようにってことで
始められた「浅草絵巻」とのことだ

お祭りや江戸の絵が描かれていて
浅草の雰囲気をたっぷり
感じることができるよ!

まだ開いている
お店もあったよ~!

浅草名物の人形焼きや
揚げまんじゅうを食べたいで~!

せっかくだから
ひとり1つずつ買って行こうか

昼間は、歩く人の邪魔にならないよう
お店の前で食べましょうって
言われているけど、夜なら大丈夫そうだね

とはいえ、境内に
持ち込むのはNGだからな!
参道で食べきるように!

揚げまんじゅうを
食べながら歩いていたら
なんか、すごいものが
見えてきたよ~!

雷門につづく浅草寺名物!
「宝蔵門」「五重塔」だ~!

仲見世通りの先にある「宝蔵門」!

にぎやかな参道の先に
豪華な門があって
なんとも立派なお寺やで

もう毎日がお祭りみたいな
かんじだよね!

ここにも、大きな提灯が
設置されているんやねぇ

浅草寺名物の提灯は
「雷門」「宝蔵門」「本堂」「二天門」と
4か所に設置されているんだぞ

ほえー、雷門のやつしか
知らんかったで……

それぞれ、書かれている
文字もちがうんだね

宝蔵門を守護するのは、二体の仁王像!

雷門とちがって
こっちの門では
おなじみの仁王様が
守ってくれているんだね

「阿」「吽」の仁王様は
お寺では定番だよな~!

宝蔵門の隣にある「五重塔」

宝蔵門のとなりにある
おおきな五重塔も
大迫力だね~!

この塔と門は
942年頃の創建らしいんだけど

ただ、やっぱり
火事が多い地域だったので
何度も焼失にみまわれてしまって
現在のものが再建されたのは
1900年代に入ってからみたいだな

火事とケンカは江戸の華っていうけど
このあたりでは、ほんとに
多かったんだねぇ

宝蔵門の先に進むと、荘厳な「本堂」が見えてくる!

おおーーー!!
ついに本堂に到着だー!

夜の闇の中で
ライトアップが輝いて
すっごく綺麗やで~!

こんな夜中に
お寺参りができるなんて
なんだか不思議な気分だよな~!

巨大提灯が飾られた浅草寺の「本堂」!

浅草寺の起源は、628年
宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた
兄弟の網に観音様の像がかかり
それをお祀りしたのが
はじまりだと言われているぞ

すぐとなりにある隅田川と
深いつながりが
あるお寺なんだね~!

ご本尊の「聖観世音菩薩」像は
伊勢から流れてきたという説や
埼玉県の飯能から流れてきた説が
あるみたいだな

それじゃ、ありがたい観音様に
しっかりお参りしていくで~!

「聖観世音菩薩」様は
苦しんでいる人々の声を聞き
さまざまな姿に変わって救いを与えてくれる
ありがたい仏様なんだぞ!

てことは、コロナウィルス
大変な事になっている世の中を
救ってくれるかもしれないね

そ、それやー!!
しっかりお願いしておかんとーー!!

効果的な治療法が
はやく見つかりますように!
どうぞよろしくお願いします!

手洗い・うがいに気を付けて
よい子でがんばりますので
本当に、よろしくお願いしま~す!

本殿側から見た五重塔も、すっごく綺麗!

さて、無事にお参りもできたし
もうちょっと境内を見て回ろうか

お堂とかは
さすがに閉まっているけど
ライトアップを見るくらいなら
できそうだね

龍があしらわれた「手水舎」

お寺によくある手を洗うやつも
超かっこいいデザインだね!

ここでも、龍が大活躍なんやな~!

残念ながら、夜間は
水が出ていないけどね……

でも、おかげで
ゆっくり撮影できるで!

ここも昼間は人がたくさんいて
大混雑だからなぁ

本殿のすぐ隣にある「浅草神社」!

浅草寺の境内には
なんと神社もあるので
こちらにもお参りしていこう

お寺の中に神社って
いいのかなぁ……?

冷静に考えると変だけど
まあ日本は、寺と神社の境目があいまいだから
こういう事もあるんだよ!

いつもの「神仏習合」って
やつなんやね……

浅草神社の御祭神は
浅草寺の創建に関わった
三名の方々が祀られているぞ

浅草神社の御祭神「三社様」

・土師真中知(はじのまつち)
・檜前浜成(ひのくまのはまなり)
・檜前竹成(ひのくまのたけなり)

檜前さんたちは
本堂の所で話に出てきた
漁師の兄弟なんだね

そして、土師真中知さんが
兄弟から観音像を受け取って
浅草寺をひらいた人物とのことだ

浅草寺を作った三社様に
感謝しながら、しっかり
おまいりするで~!

浅草寺からは、東京スカイツリーもバッチリ見える!

うわー!
本堂のむこうにスカイツリーが立ってて
すっごくカッコイイ~!

ライトアップも綺麗で
雰囲気バツグンやねぇ

宝蔵門とスカイツリーも
いっしょに撮影できちゃったで~!

スカイツリーまでは
かなり遠いはずなんだけど
あまりにも巨大すぎるせいで
問題なく見えちゃってるな……

むしろ、これくらいの距離の方が
見やすいかもしれないね……

というわけで、ライトアップが美しい浅草寺でした!

いやあ、幻想的で
なんとも素晴らしい眺めだったよー!

東京のお寺って
夜中に来ても楽しめるもんなんやなぁ

人が少なくて歩きやすいのもいい感じだし
ライトアップを見に行くの
ハマってしまいそうだぞー!

それと、雰囲気が伝わるといいな~と思って
動画も撮影してきたので
最後にのせておくよ!

夜景動画も、なかなかいい感じだから
タイトル画像やコメントつけて
シリーズ化したい気がするな

そっちの編集をがんばり始めると
Youtuberになってしまうんやけど……

おもしろそうな事は
なんでも試してみるしかない!
これからも色々チャレンジしていくからね~!

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました