【御岳山ハイキング①】山頂の「武蔵御嶽神社」を目指そう!

秋も深まってきて
いよいよ紅葉シーズンまっさかり!

というわけで今日は
東京都青梅市にある「御岳山」へ
紅葉見物に行きたいと思いまーす!

御岳山ハイキングコース | おうめ観光ガイド
自然が恵む神秘のパワー 古くから霊峰と崇められた信仰の山・御岳山。野鳥・昆虫・植物の宝庫としても知られ、春は生命の息吹を感じながら新緑をたずねて。夏は涼をもとめて苔むした岩間を流れる清流が美しいロックガーデンへ。秋は紅葉 …

JR青梅線で行ける「御岳山」は
登山初心者でも歩きやすいオススメの山!
ということみたいだが……

これ、私も行かないとダメなのかー??

例によって、体力のないセツナねえちゃんが
尻込みしているで……

山頂の「武蔵御嶽神社」に行くだけなら
ケーブルカーですい~っと行けるみたいだよ

その先の山地ハイキングに行くなら
わりと本格的な山歩きになるみたいだけどね~

じゃあ私は、神社に行く所までは
同行しようかな……

なお、今回は画像が多くなってしまったので
複数の記事にわけて進行しようと思います

JR青梅線「御嶽駅」からスタート!

というわけで、JR中央線から乗り換えて
青梅線の「御岳駅」へとやってきました~!

ふぁぁぁ……
まだ朝の8:30やで
今日はすっごい早起きやったなぁ

登山ハイキングコースは2~4時間ほどかかる
って書いてあったから、早めの行動が
望ましいだろうな

山から下りる時間が
お昼すぎ~遅くても15時くらいに
なるようなスケジュールで
動いておくのが理想みたいだ

山の中で真っ暗になっちゃったら大変やもんなぁ
早起きするのがまず大事なんやね

まあ、準備さえしっかりしておけば
御岳山ハイキングは、安全に行けると思うよ!

駅の目の前には、雄大な自然を楽しめる「御岳渓谷」が!

駅から一歩出ただけで、自然がいっぱいの
ものすごい光景になってるで~!

これは、美しい渓流と木々に囲まれた
「御岳渓谷」だな!

遊歩道が整備されているから
渓流沿いの散歩を気軽に楽しむことができる
人気の観光地なんだぞー!

そっちも気になるけど
今日の目的の「御岳山」へ
さくっと移動しちゃおう!

バスに乗って御岳山の中腹へと移動

ちょうどいいタイミングでバスがきたー!

駅から御岳山までは
専用のバスが用意されているんやね

御岳山は、わりと有名な登山&ハイキングスポットだからなー
利用客も結構多いみたいだ

バスを降りたら、ケーブルカーで一気に山登り!

15分ほどバスで移動したら
おつぎはケーブルカーで山登り!

このケーブルカーに乗ると
山頂付近の標高831メートルまで
一気に登ることができるんだぞ

わりとガッツリした施設でびびったで……
ほんとに登る人多いんやね~

紅葉シーズンだから
特に人が多いっていうのもあるのかな?

山頂付近の「御岳山駅」に到着!

ケーブルカーでグイグイのぼって
山頂付近の駅前広場にとうちゃーく!

展望エリアから見える景色が
さっそく、ものすごい眺めやで~!!

もうこの時点で
かなり高い所まで来ちゃってるからなー

木の葉もバッチリ色づいて
紅葉まっさかりってかんじやなぁ

真っ赤な木々のあいだから
東京の街並みも遠くに見えるよー!

山頂の「武蔵御嶽神社」を目指して、参道を歩こう

ここから20分ほど歩いていけば
山頂の武蔵御嶽神社に行けるみたいだよ!

かなり山の上のはずやけど、道が綺麗に舗装されていて
まるで町を歩いているみたいやなぁ

景色もすっごい気持ちいいいで~!

「天空もみじ祭り」っていう旗が
あちこちに立っているけど
本当に、その言葉通りな絶景だな!

高い山の上は空気が綺麗なのか
空の色も、いつもと違って見えるよね

参道には、傾斜のきつい坂道もあります

さっくり神社までいけるのかと思ってたら
なんかものすごい坂道でてきたー!

道は舗装されているけど
このあたりも、いちおう山登りだからなぁ

一気に行こうとすると大変やから
やすみやすみ行くのが
いいみたいやな

参道周辺には、おみやげ屋さんも多いので
立ち寄りながら登って行ってもいいかもね

今日は、朝早すぎて
まだ「準備中」ってなってるけど……

まあ、帰る頃には
ちょうど開いているだろう

道中の名所「御岳の神代ケヤキ」

坂道の途中に、立派なケヤキの木が
立っているで~!

なんか「天然記念物」とか
「文化財」とか書いてあるけど……

看板には、日本武尊(ヤマトタケル)の
時代から生えている、ありがたい
ケヤキの木って書いてあるな

ヤマトタケルって、日本の神話に
出てくる人だっけ?

「古事記」「日本書紀」に出てくる人なので
神様でもあるし、歴史上の皇族でもあるという存在で
「草薙剣」の名前のもとになった人物だな

ヤマトタケルが、大和朝廷の敵対勢力を討伐に行った際
敵が放った火に囲まれてしまったんだけど
神剣で周囲の草をなぎ払って窮地を逃れたことから
「草薙剣」と呼ばれるようになったんだ

あっ、三種の神器のひとつだよねー!
そうかあ、あのお話のひとだったんだー!

それは西暦100年頃の出来事のはずだから
その話が本当なら、このケヤキは
樹齢1900歳くらいって事になるけど……

せ、1900歳!!??

そんなすごい、神話の時代の木が
こんなところに立ってるのー!?

はわわー
ありがたい木だったんやな~!
なんまんだぶ なんまんだぶ

いやぁ、思いがけず
すっごいもの見られちゃったね~!

たぶん、この神社にまつられている
ヤマトタケルとの関わりからきた作り話だと思うけど
まあ別に言わなくていいか……

「武蔵御嶽神社」入り口の鳥居

ケーブルカーの駅から15分ほど歩いたら
ようやく神社の入り口が見えてきたよー!

こんな山の上なのに
なんとも立派な神社やで!

やれやれ、ようやくゴールに到着かー
坂道が多くて大変だったぞ

……かと思いきや
ここから先が、まだ長いみたいです

な、なんだこの階段はー!!!

あはは、山登りはまだまだ
継続みたいだね

本殿は山頂にあるってことだから
もう少しだけ登らなあかんなぁ

ぐぬぬ、がんばって進むしかないのか……!

神社のあちこちに生えている紅葉が
なんとも鮮やかやなぁ

建物や灯篭との組み合わせで
じつに日本らしい景観を楽しめるよね

そして、ちょっとキツめの階段を登り切ったら
いよいよ本殿に到着だよ~!

「御岳山」山頂の本殿に到着!

山頂にとうちゃーく!

赤くて立派な本殿がお出迎えやで~!

はぁはぁ……
わ、わたしはもうダメだ~!
もう帰る~~~!!

まあまあ、そう言わんと
せっかくの景色を楽しまないと損やでー!

本殿の標高は929メートル!

高い山の上に建つ、神秘的な神社!
周囲に何もないから
青く広がる空が一望できちゃうよー!

まさに天上にあるかのような建物で
すっごく壮大な景観やで~

ゼエゼエ……
苦労して登って来ただけのことはあるな!

ところで、ここっていったい
どういう神社なのかな?

公式サイトによると、最初に創建されたのは
およそ2100年前の崇神天皇の時代であると
言われているみたいだな

武渟川別命という皇子が、大和朝廷の敵対勢力を
うちやぶったことに由来する神社とのことだ

へぇぇぇ
なんとも歴史の古い神社なんやなー

まさに霊山ってかんじだねー!

本殿にまつられている御祭神は
櫛真智命、大己貴命、少彦名命など
八百万の神様たちみたいだ

なかでも大己貴命は
大国主神(おおくにぬし)とも呼ばれる
かなり重要な神様なんだぞ

おおくにぬし、はかろうじて聞いた事あるけど
なんだか全然わからない……

境内でこんなこと言うのもあれやけど
あまりにもなじみが無さすぎるで~

じつは、一般的にもそういう評価らしくて
もっと親しみやすい神様の方が
アピールされているみたいなんだよな

ほかにも神様がまつられているの?

そっちへお参りするために
本殿の裏手の方へ行ってみようか

本殿の横道から、奥のお社へ

本殿の裏手にあるこのお社では
日本武尊(ヤマトタケル)が
山で道に迷った際に手助けしたとされる
日本狼がまつられているんだ

ふたたびヤマトタケルきたー!

そっちの方がぜんぜん
わかりやすいでー!!

江戸時代あたりからの人々にもそう思われたらしくて
この日本狼を「おいぬ様」と呼んでお参りするのが
ここの神社の定番になっているみたいだ

へぇぇ、そうなんだあ

なんだか可愛らしい神社みたいに
思えてきたで!

古くからの日本の神々に敬意をはらいつつ
「おいぬ様」へのお参りもするのが
ここの正しい参拝方法だろうな

お社の横には、さらに奥へと通じる道が……

「おいぬ様」のお社から
さらに奥へ来てみたら
不思議なスポットがあったけど……?

「奥宮 遥拝所」って書いてあるなあ

木々のスキマから
なんだか山が見えるねえ……?

いや何言ってんだ
あれこそが、カレンたちが「行きた~い!」って言ってる
ハイキングコースで目指す「奥の院」だぞ!!

ええーーー!!
完全にとなりの山なんですけどおー!!!

徒歩であんなところへ
行けっちゅうんかーい!!!

まあ普通は行ったりしないので
こうやって遠くから拝めるように
「遥拝所」が設けられている、というわけだな

最初から言ってるように
虚弱体質の私は行かないからな!!
ぜひ、ふたりで頑張ってきてくれ!!!

ま、まあ、山歩きのつもりで来たから
とりあえず行ってみるけども……

うちはちょっと
心が折れてきたで……

ちなみに、奥の院では
日本武尊そのものがまつられているらしいので
私の分もお参りしてきてくれよな

こうなったら、覚悟を決めて行くしかないかー!

【御岳山ハイキング②】山奥の滝とロックガーデン につづく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました