【インドネシアの神秘】イジェン火山の青い炎

今日は、インドネシアの
神秘的な光景について紹介するぞ

endri yana yanaによるPixabayからの画像

今回の舞台は、首都ジャカルタがある
ジャワ島の東の端、イジェン火山

この山の火口付近では、夜になると

不思議な現象を見ることができるんだぞ!

イジェン火山のブルーファイアクレーター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@yuki_kurakazuがシェアした投稿

山のあちこちから

青い炎が噴き出してるー!

これって神の怒り!?
冥界の炎!?
いったい何がどうなってるの!?

常識ではちょっと考えられない
青い炎が噴き出し続ける
ブルーファイアクレーター!

その正体は、山から噴出している
硫黄ガスによる炎色反応なんだ

インドネシア・ジャワ島の東部に存在する成層火山群のひとつであるイジェン火山。標高2,799メートルの火口湖付近では、夜になると神秘的な青い炎を見ることができるため「ブルーファイアクレーター」という呼び名で世界でも人気の観光地となっています。

この青い炎の正体は、火口付近から噴出する「硫黄ガス」の燃焼です。岩の隙間からは摂氏600度の硫黄ガスが噴出しつづけており、それが燃焼することで炎色反応によって青色の炎となっています。ガスが液体化して流れている所では、まるで青い溶岩が流れているかのように見える場合もあるとのことです。

炎色反応って、化学の実験で
みたことある気がする!

物質が噴き出している所では
変わった色の炎が見られることがあるんだね~

とはいえ、炎色反応をおこすほどの
高濃度なガスってなると
よほど特殊な環境に限られてくるけどな

実際このイジェン山でも
青い炎を自分の目でみるためには
ガスマスクが必須だと言われているんだぞ

ガスマスク!?

とても危険なブルーファイアクレーターの観光

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Mountain Movie Indonesiaさん(@mountain_movie)がシェアした投稿

幻想的な青い炎の近くでは高濃度の硫黄ガスが充満しているため、ガスマスクの装着が必須となっています。(目を開けていられない、との報告もあるため、ゴーグルも用意していった方がよい模様)

さらに、青い炎を見られる火口湖までは標高2,799メートルの山頂まで2時間かけて登り、その後火口にむかって45分下っていく必要があるそうです。現地ガイドは必須で、本格的な山登りのつもりで準備する必要があるでしょう。

いやはや、これはちょっと
難易度たかい観光ツアーだねぇ

私の体力では、とてもじゃないけど
行ける気がしないな……

一生に一度くらい見てみたい気もするけど
インドネシアに行くことがあったら
予定に組み込んでもいいかな、くらいかな

インドネシアの観光ツアーでは
付近の「ブロモ山」と組み合わせて
行くことが多いみたいだぞ

ヒンドゥー教の聖地「ブロモ山」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

yuyaさん(@yuya5974)がシェアした投稿

Putut Dwi WijayaによるPixabayからの画像

ジャワ島スラバヤの南にある、巨大なカルデラを持つ活火山。周囲には広大なクレーターが広がっており、ヒンドゥー教の火の神が住むと言われる聖地です。隣の「プナンジャカン山」から見下ろすビューポイントは絶景で、インドネシアで一番美しい景観だと言われています。

特に日の出の時間帯が人気で、差し込む朝日に照らされて噴煙をふきあげるブロモ山と、周囲の広大なクレーター、それに朝もやの雲海が幻想的な光景を作り出しています。日の出を見た後は、荒野を横切って実際にブロモ山へとのぼり、噴煙をふきあげる火口を見に行くのが人気のツアーコースとなっています。

これまた、ものすごい
体力勝負なツアーだね……!

こちらも本格的な山登りのつもりで
参加するのがいいだろうな

ま、もちろん

体力に自信のない私は

絶対に行くことはないけどな!!

そ、そんなことを

堂々と宣言されても……

ちなみに、ジャワ島では
イスラム教徒が圧倒的に多いんだけど
このブロモ山の周囲だけは
ヒンドゥー教徒が多く暮らしているんだそうだ

さすがは聖地ってかんじだね!

オマケ

最後に、日本人だとちょっとなじみが薄い
インドネシアそのものについても
軽く紹介しておこう

かねのり 三浦によるPixabayからの画像
多民族国家・インドネシア共和国

インドネシア共和国は、多数の島と民族が集まった複合国家です。1万3000以上の島を持つ国であり、そこに暮らす民族の数は300以上だと言われています。

そのため、ジャワ島やバリ島など、島ごとに文化や言語、生活習慣が大きく異なっているそうです。またインドネシアの海底にはユーラシアプレートやオーストラリアプレートなど多数のプレートが接合するポイントとなっていて、世界有数の火山地帯であると共に、地震や津波による被害も非常に多い地域となっています。

島がいっぱいあるのと
地震や火山地帯が多いっていう特徴は
ちょっと日本と似ているのかなー?

インドネシアの火山は活動しているものが多いし
地震の規模も大きめだから
どうも日本より大変みたいだけどなー

そういえば、ニュースでよく
災害情報ながれてくるかも……

そのかわり南国特有の豊富な資源と

暮らしやすさもあるから
どっちがいいかは一概には比べられないけどな

ちなみに、インドネシアでは今年から
首都移転の計画が本格的に開始されるみたいだぞ

へえー!
首都移転って、実際に見た事はないかもー!

現在の首都、ジャワ島ジャカルタが
地盤沈下などの問題があるってことで
北側のカリマンタン島へと
移転する計画なんだそうだ

なんだか面白そうだから、これから
インドネシアのニュースにも
注目していこうかな?

こういう話題をきっかけに
自分の興味をひろげていけると

生活が楽しくなるよな

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました