【冬の江ノ島①】江島神社3つのお宮へ参拝!

いよいよ12月も終盤!
年の瀬って感じになってきたよねー!

というわけで今日は
神奈川県の有名観光地「江ノ島」へ
遊びに行ってみたいとおもいまーす!

なにが「というわけで」なん……?
江ノ島って、ふつう夏に行くところやと
思うけど??

ふっふっふ……
そう思ってしまうのは
素人のあさはかさよ!

江ノ島には、冬ならではの
楽しみ方が用意されているんだよね~!

へええ、ぜんぜん知らないけど
ちゃんと冬ならではのものが
用意されているんやね

ていうか、わたしたちは
江ノ島に行くの自体が初めてだし
一日かけて島を全部まわっちゃおう!

例によって、ちょっと話が長めになってしまったので
記事を3つに分割してお届けしていくぞ!

「江ノ島大橋」を渡って江ノ島へ!

この大きな橋を渡っていくことで
孤島になっている江ノ島に
スムーズに行けるようになっているんだな

こういうのがあると、まるで
陸続きみたいに感じてしまうなぁ

橋の下にはちゃんと海があるから
れっきとした「島」なんだよね

まずは、参道から神社を目指そう!

なにはともあれ、参道を進んで
丘の上の方にある神社を目指していくよ!

こ、これは、おまんじゅうやら
ソフトクリームやら
誘惑の多い参道やで~!

こういうのは、どこの観光地に行っても
定番だよなー!

あっ、みてみて!
ネコグッズだって~!

いろんな小物があって
すっごく可愛いで~!

江ノ島って
ネコが多い事でも有名だからなぁ

ちょっと、ここらで
お買い物でも……

まだ島についたばかりだろうが!
さくさく進まないと
観光する時間なくなっちゃうぞ!

江島神社・1つ目の宮への階段

さて、江ノ島は
小高い丘のようになっているから
階段を登っていかないと
神社にたどり着けないわけだが……

引きこもりのセツナちゃん大丈夫?
こんな急階段のぼれる?

あっ、なんか江ノ島には
上まで楽に登れる「エスカー」っていうのがあるって
聞いたことあるで!

らくらく山登りができちゃう「江ノ島エスカー」!

いやいや、なんか大層な名前ついてるけど
これ有料のエスカレーターだから!

どんなに疲れたとしても
エスカレーターにお金払うなんて
ちょっと許せないわー

まあそうだね!
それに、歩いて登った方が楽しいからね!

め、めずらしく
意見が一致しとる……!

入り口にあるこの門は
なんだか特徴的な形だね

この「瑞心門」は
浦島太郎の龍宮城をイメージして
造られたみたいだぞ

言われてみれば
龍宮城みたいやで~!

へえ~、江ノ島って
龍宮城と関係があったのかな?

浦島太郎の伝説自体は
日本のあちこちに残されていて
江ノ島もそのひとつ、という扱いだけど……

ここの場合は、江島神社の発祥の地である
龍宮(わだつみのみや)という場所の名前にあやかって
龍宮城のモチーフが、随所に取り入られているみたいだな

……と、話しながらでも
登り階段はやはりキツいな

うーん、でも
最近はあちこちの神社にお出かけしているから
これくらいの階段なら
なんだか余裕になってきてしまった……

正直、うちも同じ感想やで……
ほかと比べたら
江ノ島の階段は余裕すぎるわ~

江島神社の1つ目の宮「辺津宮」に到着!

階段をのぼりきったら、ようやく
江島神社の1つ目の宮であり、本殿である
「辺津宮」に到着だ!

3つのうちの1つ目きたー!

本殿ってことは、念入りに
お参りをしておかんとなぁ

ここでは、宗像三女神(むなかたさんじょしん)の
一柱である田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)を
お祀りしているんだそうだ

うっ、例によって
ぜんぜんわからない……!

いったいどんな神様なん?

日本創世のころのおはなしで
暴れん坊の神様・スサノオが、アマテラスに会いに
高天原へ行った時に、攻め込んできたのかと
勘違いされてしまう事件があったんだけど

その時、疑いを晴らすために
誓約によって十拳剣をかみ砕いたことから
生まれたのが、ここに祀られている
三柱の女神さまなんだそうだ

へええ、ずいぶん昔の神様なんだねえ

三女神の本営としては、福岡県の宗像大社や
広島県の厳島神社などが有名で
全国のあちこちでお祀りされている
海や航海の安全を守る神様とのことだ

海の神様って
江ノ島にぴったりやな~!

このあたりの砂浜では
サーフィンも盛んだから
きっと安全を守ってくれているんだね

で、でたー!!
神社によくある通り抜けるやつー!

ここの輪っかは、交通安全や、家内安全に
ご利益があるって書いてあるなぁ

年末でいろいろと穢れもたまっている時期だし
来年分の安全も祈願しながら
しっかりくぐっておこう!

江ノ島弁財天のお堂と、銭洗いの竜神

さて、江島神社でもうひとつ有名なのが
弁財天のお堂なんだよな

女神様以外に、弁財天さんも
お祀りされているのかな?

以外に、っていうか
日本独自の文化「神仏習合」が進んだ結果
宗像三女神と弁財天は、やがて
同一視されるようになっていったんだそうだ

えええ、そんな合体の仕方あるんやね……

江島神社の弁財天像は
「日本三大弁財天」とも呼ばれる
由緒正しい像なので、訪れた際には
ぜひとも参拝しておくのをオススメするぞ

残念ながら撮影禁止だったので
写真はないけどねー!

弁財天さんのお堂の向かいには
なんだかカッコイイ龍の像もあったよー!

これは「白龍王黄金浄水」という
弁財天の使いで、この池で
お金を洗うと加護を得られるんだそうだ

お金の神様!?
ぜひともあやかりたいもんやで~!

心を込めて、しっかり
お金を洗っておかないと~!

縁結びのご神木

うわぁ、ピンク色全開の
なんだかラブラブな木がきたー!

これは、根っこがつながった
2本の木が生えいていたことから
「むすびの樹」として
縁結びの象徴になっているんだってさ

みんな、三女神さまに
ラブラブなお願いをしてるんやねぇ

さらに上へと登って行こう!

さて、本殿でのお参りが済んだら
つぎの宮を目指して
さらに階段を登って行くぞ!

思ったより高い所まで
登って来ちゃったね~

江ノ島の港が
あんなに小さくなっとる……

2つ目の宮「中津宮」に到着!

「辺津宮」から少し進んだ先にある
「中津宮」では、宗像三女神の一柱
市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと) が
お祀りされているんだそうだ

3つの宮に、それぞれ女神さまが
祀られているんだね!

ひとつひとつお参りするのも
楽しくなってくるで~!

水琴窟で、水の音色を楽しもう

「中津宮」の隣には
水が奏でる音を楽しめる水琴窟があるから
忘れずにチェックだぞ!

白い石のところに水を流すと
地下の洞窟で反響して
きれいな音を奏でるんだよね~!

動画も撮ってみたけど
ちょっと音が小さいので
ボリューム大きくしないと聞こえんなぁ

まあこれは、現地で楽しむのが一番いいかも……!

次の宮までは、ちょっと距離があります

3つ目の宮までは
けっこう歩かないと行けないんだね

最後の宮は、島の裏側にある「奥津宮」で
いわば奥の院みたいなもんだからなー

とはいえ、以前カレン達が行った
御岳山の奥の院ほどじゃないけど……

うう、山奥で
たいへんな目にあった記憶が……!

あ、あれはホントに
修行僧の苦行レベルだったからねぇ

階段を登り切った場所にある「サムエル・コッキング苑」は、一度スルー

ここは、江ノ島のシンボルにもなっている
有名施設だけど
今はいったん無視して先へ進むぞ

えええ、なんか楽しそうな
塔みたいなものが見えるけど
入らないでいいんか?

夕方になったら戻ってくるから大丈夫!
今は他の場所を見に行こう!

それと、このあたりは
江ノ島で一番高い場所になっていて
展望台もあるから
ちょっと寄って行こう

うわー!
すっごい眺めやなぁ!

どこまでも続く大海原が
ひろがっているよー!

太平洋方面には、もうなにもないから
気持ちのいい水平線を
見ることができるんだよなー!

ここが江ノ島の
有名スポットのひとつっていうのが
すっごくよくわかる光景やで!

展望台下のレストランで、お昼ごはん

展望台の真下に、眺めのよさそうな
レストランがあったので
寄ってみることにしました

どの料理も、おしゃれな感じやでー!

お値段もなかなかいい感じだから
頼むのは一品だけにしておこうなー!

インスタ映えのランチを堪能!

なんじゃこれヤバイ!!
テラスから見える大海原が絶景すぎる~!

こんな環境でランチを楽しむなんて
贅沢すぎるで~!

注文したのは、クリスマス特別メニューの
ズワイガニのパスタにしたよ!

濃厚なカニのうまみが
クリームソースといっしょに
パスタを包み込んで
深みのある味わいでたまらなーい!

ちょっとテーブルの上が寂しいから
サラダとかパンとかワインとか
つけたい所やけど……

予算の問題以外に、我々の旅は
あちこち歩き回るので
食べ過ぎてお腹痛くなったりすると
困った事になるんだよな……

ワインとかアルコール類も
もってのほかなんだよね
ここは軽食で済ませておこう

江ノ島大師によりみち

途中に「江ノ島大師」っていう
お寺みたいなものがあったので
寄ってみたけど……

ここは、江島神社とは独立していて
鹿児島市の「最福寺」の別院
ということみたいだな

今の建物は、1993年に創建されたそうだ

わりと新しいお寺なんだね

ご本尊の不動明王像は
室内にある像としては国内最大の高さである
6mとのことなので、ぜひとも見ていくのを
オススメするぞ

参道を通って、島の裏側へ!

うひー!
またビールとか肉まんとか
誘惑の多い参道が出てきたよ~!

島の中央部分を過ぎて
裏側の方に来ているせいか
雰囲気的にも古い町並みっぽい感じに
なってきたなー

もう誰も済んでいなさそうな
ものすごい建物もあるね……!

切り立った崖に面していて
すごいことになっているぞー!

ボロボロになって朽ちていくのが
もったいない、見事な建物やねぇ

3つ目の宮「奥津宮」に到着!

そうこうするうちに
最後の宮である「奥津宮」に
とうちゃーく!

ここはもう、島の最奥部分で
いちばん西のあたりまで
来ちゃっているぞ

なんとも長い道のりやったで

奥津宮では、宗像三女神の最後の一柱
多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が
お祀りされているぞ

これで三女神の全員に
お参りしたことになるんだねー!

きっとご利益もバッチリやで~!

ちなみに、江島神社は
鎌倉幕府とも深いつながりがあって
三角形が3つならんだこの印は
北条家の家紋に由来したものなんだそうだ

そういえば、江ノ島と鎌倉って
すぐ近くにあるもんね

「奥津宮」の鳥居も
源頼朝が造ったものだと
言われているんだぞ

龍宮(わだつみのみや)

奥津宮のとなりにある
龍宮(わだつみのみや)は
例の「龍宮城とのつながり」が
示唆されているお宮だな

龍神さまの像がこっちを見ていて
雰囲気バッチリだね……!

じつは、江島神社の「発祥の地」っていうのが
ここの地下にある洞窟内にあるんだけど……

この龍宮は、その「発祥の地」の
ちょうど真上に建てられているんだそうだ

へええ、ほんとうは
ここの地下に神様が眠っておられるんやなぁ

ここからさらに島の先へと進んで
洞窟に入ると、その「江島神社発祥の地」にも
行くことができるぞ

ええーーっ!?
なにそれ楽しそう!!!
そんなの絶対、行くしかないじゃない!

まあ、絶対そう言うとは思っていたが……
神社の先へ、さらに進んで行くことにしよう

神社の横から奥へと進むと、島の裏側へ出る道が……!

まあ、そのあたりは
長くなってきたから
次の記事でまとめることにしよう!

次回は、江ノ島の裏側部分へ
遊びに行っちゃうよー!

神社めぐりは終わったけど
まだまだ、いろんなものが
見られそうやでー!

【冬の江ノ島②】島の裏側で海遊び!? につづく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました