【皇居見学】大嘗宮の一般公開を見にいこう!

令和がはじまって、はや数ヶ月!
みなさんコンニチワ!

今日は、皇居で一般公開されている
「大嘗宮」という祭事施設の
見学に行きたいと思います!

皇室行事「大嘗祭」が執り行われる「大嘗宮」

(宮内庁の公式文書より引用)

大嘗祭は,稲作農業を中心とした我が国の社会に古くから伝承されてきた収穫儀礼に根ざしたものであり,天皇が即位の後,初めて,大嘗宮において,新穀を皇祖及び天神地祇にお供えになって,みずからもお召し上がりになり,皇祖及び天神地祇に対し, 安寧と五穀豊穣などを感謝されるとともに,国家・国民のために安寧と五穀豊穣などを祈念される儀式です。 皇位の継承があったときは,必ず挙行すべきものとされ,皇室の長い伝統を受け継いだ皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式です。
大嘗祭の中心的儀式である「大嘗宮の儀」は,「悠紀殿 供饌の儀」と「主基殿 供饌の儀」から成ります。今回,悠紀殿供饌の儀は令和元年11月14日の夕方から夜にかけて行われ,主基殿供饌の儀はその翌日の11月15日の暁前に行われます。

えっと、つまり
どういう事なんや??

ようするに、神様に稲穂をお供えして
皇位継承の報告をすることで
国家の安寧をお祈りする儀式、というわけだな

その儀式を行うための「大嘗宮」が
皇居の東御苑に作られていて
現在は一般公開されているんだよね!

へえええ
なんだかすごそうだし
見ておきたいところやな~

もちろん、こんな面白そうなことを見逃す手はない!
さっそく皇居へお出かけしてみよう!!

というわけで、皇居に出発!

JR「東京駅」から歩いて5分ほど!
日本の中心地、皇居に到着だー!

今日は雲ひとつない、みごとな晴天やな~!
これは最高の状態で見学できそうやで!

そ、それはいいんだけど
さっそく、ものすごいモノが見えてきたよ~!

平日だというのに、ビックリするくらいの大行列!!

入場前の「皇居外苑広場」の時点で
すさまじい行列になってる~~~!!!

人混みを避けるために
平日を狙って来たんだけどな~
まあやっぱり、こうなっちゃうよな!

平日でこの状態ってことは
休日はとんでもない事になってるんやろなぁ

休日は、行列がまったく進まないほど
混雑しているって話もあったからな……
今日はすいすい前進できているので、マシなんだと思おう!

警察の車両も
すっごくいっぱいとまってるで!

さすがに超厳戒態勢ってかんじだね

この白いテントで
手荷物検査を受けたら
いよいよ皇居方面へ行くことができるぞ!

スムーズにチェックできるよう
あらかじめカバンを開けて
中を見やすいよう準備やで!

「坂下門」を抜けて、皇居エリアへ!

この「坂下門」の先は、ふだんは
入る事ができないエリアなんだよね~

この先は、天皇陛下が住まう
「皇居御所」があるエリアに通じているからな

え~、そんな事いわれたら
なんだか緊張してしまうで!!

あ、とは言っても、新年の一般参賀の時や
お花見の時期なんかにも解放される場所だから
そこまで緊張はしなくて大丈夫だぞ

ちらっと見える、皇居の「宮殿」!

坂下門をぬけて、すぐ見えてくるのが
国外からの来賓を招いたり
儀式などで使われる「宮殿」だな

ぐぬぬぬぬ、ロープで立ち入り禁止になっていて
これ以上は見えへんで~!

今日は行けないけど、新年の一般参賀の時などには
宮殿の目の前まで行くことができるらしいぞ

あっ、天皇陛下が
ベランダから手を振っているアレだよね!
ニュースで見たことあるよ!!

「宮内庁」の庁舎

そのすぐ隣にある建物は
「宮内庁」の庁舎だな

ここでは、皇室行事に関わる
いろいろな方が働いてるんよな~

なんだか建物の形からして古めかしいというか……
国土交通省とかの近代的なビルとは
まったくちがう趣があるよね

うっ、そう言われてみると……!
なんだか、決まりごとにうるさそうな
厳しいオジサマが出てきそうな気がしてくるで~!

「皇室の規範とは、うんぬんかんぬん……」
「君たちみたいな汚らわしいネコは、帰ってもらおうか!!」
みたいな、うるさいこと言ってきそうな気がする!

勝手な想像でアレコレ言うんじゃない!
怒られるぞ、まったくもう!!

さて、ここから先は
2つのルートに別れるみたいだな

寄り道せずに「大嘗宮」へ向かうルートと
「乾通り」をぬけてから「大嘗宮」へ向かうルートかぁ

直接「大嘗宮」の方へ行くひとたちも
そこそこおるみたいやけど……

まあ、そういう人たちは
普段から皇居に通い慣れているんだろうな

私たちは、せっかくだから全部見学したいよね!
「乾通り」をしっかり見ていく事にしよう!

皇居を横切る「乾通り」は、紅葉が見ごろ!

うわぁ~!
紅葉がムチャクチャ綺麗やで~!

真っ赤に色づいて
ちょうど見ごろをむかえたって感じだよね~!

天気もじつに見事な快晴だし
バッチリな時期に見に来られた気がするな!

「乾通り」左手側の見どころは、各種施設

「乾通り」の左手側(西側)は
皇居御所や重要施設がある方角だな

こっち側は、建物や門なんかが
いろいろと設置されているね

「局門」は、明治時代に女中さんたちが
生活していた建物への門ということみたいだが……
このあたりの建物は、現在は使われていないのかもな

ロープで通行止めになっているけど
皇居の奥の方へと向かう道があるよ~!

この道は、中央の森林エリアを通って
「宮殿」方面へと続いているらしいぞ

インターネットで申し込みできる
見学コースに参加すると、ここも歩くことができて
ちょっとだけ奥の方へ行けるみたいだ

へええ、そういうのもあるんや!
いつか行ってみたいなあ

ちょっと調べたけど、予約はかなり埋まっていたから
簡単には参加できなさそうだね~

この大きな池は、江戸城の築城に関わったと
言われる武将「太田道灌」にちなんで
「道灌濠」と呼ばれているそうだ

ここも、色とりどりな木々が
すっごく綺麗やで~!

水面に映る紅葉の葉が
いい感じだよ~!

お花見の季節にも
桜の花がこの池に映り込んで
見事な景色を見られるみたいだ!

「乾通り」右手側の見どころは、江戸城のお堀と石垣!

さて、通りの反対側(東側)は
江戸城の本丸があった方向なので
お堀と石垣をたくさん見ることができるぞ

なんとも立派な石垣やで~!

石垣の上の物見台「富士見多聞」は
窓から鉄砲や矢を撃って
敵を迎撃する防御施設だな

松の木と紅葉、それに石垣のコラボレーションで
じつに日本らしい景観になっちゃってるね!

いやあ、もう、ため息しか出ない
すごい景色やなぁ

日本の象徴となるべき皇居が
こんなに美しい場所になっているなんて
なんだか誇らしい気持ちになってくるよな

「西桔橋」を渡って、皇居東御苑へ移動!

さて、「乾通り」の見学はそろそろ終わりだ!
あの橋を渡れば、お待ちかねの
「大嘗宮」が設置されている
東御苑の方へ行くことができるぞ

この橋のところ、道幅がせまいから
行列状態になっちゃってるね~

道幅が広い所はスイスイ進めるんやけど
こういうポイントで、人の流れが
停滞しちゃうことがあるなぁ

いやいや、行列はこれからが本番!
今から「大嘗宮」の目の前に行くんだから
きっとすごい人混みになっているぞ~!

た、たのしみなような
不安なような……

コメント

タイトルとURLをコピーしました