【東京の神秘】青ヶ島の二重カルデラ地形

今日は世界中で話題になっている
日本の絶景について紹介するぞ!

日本国内にも、そういうのがあったんや
いったいどんな所なんかな~

絶海の孤島「青ヶ島」!

画像引用:海上保安庁 海域火山データベース

それがここ、東京湾の南方に存在する

「青ヶ島」だ!

な、なんやこれー!
山の中に、もうひとつ山があって
ものすごいコトになってるでー!

火山活動によって凸凹ができた

こういう地形は「カルデラ」って

いうんだぞ

青ヶ島は、二重構造のカルデラ地形と
人間を拒むかのような断崖絶壁で
この世のものとは思えない

不思議な景観になっているんだ

建物も、ちっちゃくいっぱい

建っているなあ

こんなすごい島に人間が住めるんやなぁ

青ヶ島の基本情報

画像引用:海上保安庁 海域火山データベース

青ヶ島は東京都に属する離島のひとつで、伊豆諸島の有人島の中では最南端に位置しています。住民はわずか170人程度で、日本国内で最も住民が少ない村となっています。

島の周囲は断崖絶壁になっているため波が高くなりやすく、船での接岸は非常に困難です。そのため、青ヶ島へと渡る船は欠航になることも多く、かつては半月以上も物資が届かない状態や、島からの出入りが不可能になる事態も多発していました。

現在では隣の八丈島からヘリコプターで移動することが可能となり、移動自体は便利になりました。しかしヘリコプターの定員には限りがあるため、年間の旅行者数は900人~1800人程度にとどまっているとのことです。

見た目どおり、移動するだけでも
大変な島なんやなー

これが、行政区分上は
東京都に所属する島だっていうんだから
おどろきだよな

青ヶ島の歴史

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

くさヤーマンさん(@kusayahman)がシェアした投稿

青ヶ島にいつから人が住んでいたのか、はっきりしたことはわかっていません。徐福伝説や保元物語に登場する島が青ヶ島だとする説もありますが、明確に歴史が記載されているのは15世紀以降のことだと言われています。

青ヶ島の歴史で最も大きな事件は、1785年に発生した「天明の大噴火」でした。
1780年頃から発生していた群発地震と小規模な降灰ののち、1785年4月、ついに島中央の丸山が大噴火。青ヶ島は壊滅的な打撃をうけました。丸山火口内には溶岩流と火砕丘が形成され、5月末まで大規模な噴火が続いたそうです。

島民たちは八丈島へと避難し、その後約40年間は島へ戻ることはできませんでした。名主の佐々木次郎太夫を筆頭に、島民たちが青ヶ島へ帰還することができたのは、1832年のこと。それ以降は目だった火山活動は確認されていませんが、丸山周辺では現在でも地面から噴出する水蒸気が見られるということです。

うーん、火山活動って

やっぱりすごいんやなー

特にここは、島がまるごと
火山みたいなもんだからなー

でも、いまは噴火はしてないんやろ?

観光とか行けるんかな?

数は少ないながらも、宿や商店があるから
ちゃんと予約して行けば

問題なく観光できるみたいだぞ

最近、アメリカの記事で特集もされたらしくて
外国からの観光客も増えているとのことだ

こんな景色みちゃったら
行ってみたくなるもんなぁ

現在の青ヶ島

青ヶ島の住民たちは「岡部」と呼ばれる、北部高地で生活しています。宿泊施設や公共施設などはここに集中しており、尾山展望公園からは島の象徴である丸山を見下ろすことができます。

南部カルデラ内の領域は「池之沢」と呼ばれていて、内部を歩くことも可能です。丸山を一周することができる丸山遊歩道を歩いて行くと「富士さま」と呼ばれる神社に行くことができます。

池の沢内には、地面から水蒸気が噴出している「ひんぎゃ(火の際)」という穴が数多く存在しており、かつては暖房や調理などにも利用されていました。現在でも、これらを活用したサウナや地熱窯などの施設を利用することができるそうです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ひんぎゃの塩さん(@hingyasio)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

yamasoraさん(@yamasora0731)がシェアした投稿

うわー!
地面からの熱でおいもを

ふかしとるで~

これぞ、火山地域ならではの

体験だよなー

ひんぎゃの温度は60度くらいらしいので

調理には30分ほどかかるそうだ

食材をセットして、周囲の散策をしてきたら
ちょうどいいころ合いかもしれんね

それと、青ヶ島では水が貴重だから
稲作ではなくサツマイモ栽培が
特産品なんだそうだ

サツマイモを原料とした芋焼酎と
地熱を活用して作られる「ひんぎゃの塩」っていうのが
人気のお土産品らしいぞ

火山の島で育ったサツマイモを
火山の熱でふかして食べてみたいわ~

それらに加えて、青ヶ島ならではの
最高の特産品がこちら!

青ヶ島で見られる、圧倒的な星空!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Hito☆さん(@hitomi0650)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

OdenPHOTOs Daichi Kitagawaさん(@odenphotograph)がシェアした投稿

な、なんやこれー!

信じられない美しさやでー!

青ヶ島は断崖絶壁の孤島で
周囲には海と空しかないからなー!

一切の光や、さえぎるものすら存在しない状況で
星の美しさだけを純粋に楽しめるんだぞ

もうインスタ映えとしか言いようがない
ステキすぎる写真やなー!

東京からそれほど離れていない海の上に

こんな自然あふれる島があるだなんて

なんだか不思議な感じがするよな

世界には、まだまだ

知らないコトがあるんやなー

オマケ

東京の離島には、青ヶ島以外にも色々あるので
ちょっとGoogleマップで印をつけてみたぞ

青ヶ島よりさらに南にも
いろいろあるんやねー

小笠原諸島(父島)って

じつはメチャクチャ遠いんだよな

グアムとかフィリピンにまで
届いちゃいそうな島まであるで

「人が住んでいない島」も入れた見方では
日本の最南端は沖ノ鳥島で
日本の最東端は南鳥島になるんだそうだ

どっちも東京都小笠原村に
所属する島なんだぞ

日本の南と東のはしっこって
じつは東京都だったんやなー

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました